メールマガジンのご登録はこちらをクリック

イギリス保守党の党首が決定!

イギリス保守党の党首が決まりました。

 

前評判どおり、ボリス・ジョンソン前外相が
92,000票を獲得して党首に。

イギリス 保守党 ボリス・ジョンソン

ジェレミー・ハント外相は46,000票。

ダブルスコアでの圧勝劇となりました。

今日、メイ首相が辞任をし、
ボリス・ジョンソン党首が首相になる予定です。

 

もっとも注目されるのはEU離脱の件です。

EU離脱の期限は10月31日。

ボリス・ジョンソン党首は
「合意があってもなくても、
10月31日で離脱するべき」

という考えの持ち主です。

首相になってもこの考えは当然変わらないでしょう。

この考えに賛同できない

・フィリップ・ハモンド財務相
・デイヴィッド・ゴーク法務相
・ローリー・スチュワート国際開発相

などは、辞任の考えを明らかにしています。

 

各メディアで「イギリス版トランプ」という
言葉が飛び交っています。

思い切った制作で支持者が多い一方、
失言が多い人物としても知られています。

 

強いイギリスを取り戻せるのか、
できる限り穏便なEU離脱ができるのか。

強行離脱となったときの
EUや世界各国、そして日本への影響は?

読みにくいですね。

Related Articles:

★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ