メールマガジンのご登録はこちらをクリック

日本企業がイギリス脱出を加速か?

日本企業がイギリス脱出を加速中のようです。

 

ホンダは2021年でイギリスの四輪工場閉鎖を発表。

EU離脱

日産はエクストレイル次期モデルの生産計画を白紙撤回。

ソニーは3月29日にロンドンの欧州本社を
オランダへ移転。

パナソニックは2018年10月に
欧州本社をオランダへ移転済み。

 

イギリスがEUから離脱した場合、
イギリスで生産したものをEU各国に輸出すると、
大きな関税がかかるようになることが予想されます。

ヨーロッパの大きな市場を狙うのには不利。

また、離脱にともなう物流のストップも
気になるところ。

 

イギリスからの撤退は
EU離脱だけが原因ではありません。

競争激化による利益確保が難しいというところも
あるにはあるようです。

ですが、EU離脱が大きな原因であることも確か。

 

ホンダの工場だけでも3500人の雇用がなくなります。

ここに来て、EU離脱のデメリットが目立ち始めました。

迷走している感じのイギリス。

これからどう舵を取っていくのか、大注目です!

Related Articles:

★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ