メールマガジンのご登録はこちらをクリック

イギリスはEU離脱について続々と決定

イギリスはEU離脱について続々と決定しています。

EU離脱

 

当初、2019年3月29日でEUを離脱、
ということを決めていました。

 

しかし先日、合意なき離脱をしないことを議決

14日にはEU離脱延期を議決

20日までに離脱協定案で合意できれば短期延期。

20日までに合意できなければ長期延期。

とのこと。

 

もちろん、離脱延期はEU側との協議となりますが、
おそらくEUも無用の混乱は避けたいでしょうから。

離脱延期は受け入れると思います。

ただ、今後、離脱が続かないように、
条件的には厳しい条件を提示すると思われます。

 

イギリスのEU離脱については、
為替にしても世界経済にしても、
大きな混乱要因となっています。

私自身はEU離脱を撤回したほうがいいと思っていますが。。。

また国民投票をするというのも、
「じゃ、前の国民投票は何の意味が?」
となってしまいますし。。。

多額の費用もかかりますから、なかなか難しいか。

 

なんとか少しでも有利な条件になるように、
EUと交渉しつつ、国内を落ち着かせてそーっと離脱。

ということにならざるを得ないのでしょうか。

Related Articles:

★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ