メールマガジンのご登録はこちらをクリック

リップルのSWELL2019が閉幕しました。

リップルの一大イベント、SWELL2019が閉幕。

SWELL自体は盛況のうちに終えたようです。

リップル SWELL 2019

 

まずCEOは2019年がリップルにとって
最も良い年
だったと語りました。

リップルネットへの参加企業は300社を越え、
取引も10倍以上に伸びたそうです。

 

インド準備銀行の前総裁ラグラム・ラジャンは
XRPが規制に強いということを発表。

その他の仮想通貨との違いをPR。

 

企業向けの小さめ?のリップルネット、
新サービスの「リップルネット・ホーム」を発表。

送金ができ、送金プロセスを見ることができ、
送金履歴を管理できるとのこと。

既存の銀行に代わるシステムかな?

 

国際送金サービス大手マネーグラムは、
リップルネットを利用して送金できる通貨ペアを
さらに拡大
することを発表。

今はドル→メキシコペソ、ドル→フィリピンペソの
2通貨ペアだけですが、これが年内にも拡大する模様。

 

バングラデシュ発の送金サービス企業bKashは
スマホではない携帯電話でも送金できるサービスを
オープン。

バングラデシュではまだスマホじゃない人も多い
とのことで、このサービスを開始したとのこと。

既に1日670回の送金が発生しているようです。

 

じわじわと伸びを見せるリップルのサービス。

知らないうちに使っている、ということに
なるのかもしれませんね。

これからも注目です。

Related Articles:

★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ