メールマガジンのご登録はこちらをクリック

イギリス議会はやはりEU離脱案を可決せず!

イギリス議会は、やはりEU離脱案を可決しませんでした。

イギリス 保守党 選挙

 

19日(土)にボリス首相とEUの交渉団との間で
合意に至ったEU離脱案を審議。

「採決を保留する動議が可決」しました。

なんだかややこしい書き方ですが、
EU離脱案に、すぐに賛成はしないよ!

ということなのでしょうね。

 

この結果を受けるもボリス首相は
10月末に迫ったEU離脱期限を延伸するという
申し出はしないことを発表。

イギリスの国内法では延伸を申請しないといけない
ということのようですが。。。

22日には、採決にかけるという考えのようです。

 

でも、採決保留の動議が可決ということは、
このまま採決しても勝てないですよね?

どういう意図があるんだろう?

ちなみに採決を保留する動議は、

・賛成 322票(過半数)
・反対 306票

だったみたいです。

過半数は320なので、僅差といえば僅差ですが。

この16票の差はすごく大きな差です。

 

国際経済的にはかなり織り込み済みとも思いますが、
まだまだ予断を許さない状況ですね。

Related Articles:

★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ