メールマガジンのご登録はこちらをクリック

泉佐野市がふるさと納税で逆転勝訴!

ふるさと納税対象外に設定されていた泉佐野市。

最高裁で、「除外は違法」という判断がされました!

政府側が負けるという珍しい事態となりましたね。

泉佐野市 ふるさと納税

 

ちょっと聞くと、
「あの還元率がめちゃくちゃ高いふるさと納税が
帰ってくるのか!!」

と思ったのですが。

それは違うっぽいですね。

 

争点は
「過去の実績をもとに、新制度から除外した」
ということのようです。

過去、泉佐野市をはじめとして、
いくつもの自治体が高還元率の返礼品を用意していました。

2019年6月から
「返礼品は寄付額の3割以下」
という法律ができて、そのときに泉佐野市等は
ふるさと納税対象自治体から除外されました。

ここですね。

 

泉佐野市としてはたぶん、
3割以下という法律は守るつもりがある、
ということだったのでしょう。

しかし、それまでに政府の意向にしたがってこなかった。

だから除外されたということに不満があり、
今回の訴訟を起こしたっぽいですね。

 

なので、今回、泉佐野市が最高裁で勝訴を勝ち取った、
といっても、あの頃のようなものすごい返礼品が
用意されるわけではなさそうです。

●返礼品は寄付額の3割以下

●地場産品に限る

という法律を遵守して運用されていくのだと思います。

 

ちょっと期待はずれ(笑)な部分はありますが、
高還元率の返礼品は、ふるさと納税という制度さえ
破綻させる可能性
があります。

だからこそ、ルールを守ってふるさと納税を活用する、
というのはすごく大事だと思います。

 

今、ふるさと納税対象から除外されている自治体は
これでまた取り組むようになりますね。

おもしろい返礼品が出ることに期待しましょう!

Related Articles:

★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ