メールマガジンのご登録はこちらをクリック

イーサリアムクラシックの状況はかんばしくない?

イーサリアムクラシックの状況は良くないようです。

イーサリアムクラシック

 

ビットフライヤーから届いたメールを見ると、
8月の51%の攻撃の影響が今も続いているとか。

承認されていない取引もあるみたいです。

※ビットフライヤーは問題ないようです。

 

イーサリアムクラシックの開発集団?のひとつである
イーサリアムクラシックラボは
弁護士と相談して今後のことを決める、
とも発表しています。

 

なかなかひとつの団体で51%以上の
承認をキープするのは大変だと思っていたのですが。。。

なんと「ハッシュレンタル」という方法があるんだとか。

 

まぁ、これは基本的にいいことじゃないでしょう。

言葉の意味がよく分からないんですが、
承認する権利を借りたい、ということだと思うんです。

悪意のある人がさらに稼ごうと思って、
承認する権利をお金を出してレンタルする、
ということですよね。

 

イーサリアムクラシックでできるということは、
他の暗号資産(仮想通貨)でもできる

ということになりますから。

もっと規模が小さい通貨ならなおさらです。

 

暗号資産は中央集権的ではなく、分散化というのが
大きなメリットのはずです。

それが逆手に取られた、ということですね。

みんなで監視するはずが、そうなっていない、と。

 

いろんなことを経験しながら成長するのは、
人間もビジネスも同じだとは思いますが。。。

早く安定して実用に耐えられるものになってほしいですね。

Related Articles:

★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ