★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです

メールマガジンのご登録はこちらをクリック

AI投資・ロボアドバイザー 比較

過去記事→AI投資とは、ロボアドバイザーとは

 

AI投資・ロボアドバイザーの選択肢が増えてきました。

どれを選んでいいか分からなくなってきたので、個人向けで主要な4つのAI投資・ロボアドバイザーについて、調査・比較してみました。

 

調査したのは、

・ウェルスナビ
・THEO(テオ)
・楽ラップ(楽天証券)
・MSV LIFE(マネックス証券)

の4つです。

ウェルスナビ THEO 楽ラップ MSV LIFE
手数料
(年率)
1%
(税別)
1%
(税別)
0.99%
(税込み)
1%未満
(1%を超えることも)
最低
投資額
30万円 1万円 10万円 1万円
投資対象 ETF ETF 投資信託 ETF
自動積立 あり あり なし あり
自動
リバランス
あり あり なし なし
出金
スケジュール
4日程度 8日程度 10日以内 1か月かかることも
解約金 不要 不要 必要 不要
公式サイト ウェルスナビ 公式サイト 公式サイト MSV LIFE

 

個別に見ていきます。

 

楽ラップ

楽天証券のサービス、楽ラップ。

一番のメリットは手数料です。最大で0.99%(税込み)。今回比較している4つのうち、最も安い手数料となっています。

 

一方で、最も気になるのがこちら。

『解約時に手数料がかかる』ことです。

解約手数料ではなく、「信託財産留保額」という名前ですが、急にお金が必要となったときに自由に引き出せないというのはちょっと不便かと思います。

 

公式サイト→https://wrap.rakuten-sec.co.jp/

 

MSV LIFE

MSV LIFEはマネックス証券のサービスです。

最大のメリットは1万円から運用できるということです。大きな金額は準備できないけど、運用はしたい。そういうときにおすすめです。

また、毎月積み立てもできるので、毎月の給料から少しずつ運用したいときにとてもメリットがあります。

 

気になる点は2点。

1つ目は、手数料です。基本的に1%未満ですが、公式サイトに注意書きがあります。

「監査費用、ETFの売買委託手数料などは含みません。市場環境等によっては、実質コストが1%を超えることがあります。」

おそらく5%とか10%になることはないと思いますが、一抹の不安が残りますね。

 

もう1つは解約時のことです。解約するとき、入金まで1か月以上かかることがあります。

急に資金が必要になったときには少し困ります。

 

公式サイト→MSV LIFE

 

THEO

THEO(テオ)は株式会社お金のデザインが運営するサービスです。日経新聞などにも取り上げられていました。

メリットは、1万円から運用できる手軽さと、自動リバランス機能があることです。

運用を続けていると、あるETFだけの割合が高まってくることがあります。そうなるとリスクが高まってしまいます。自動的にあるべき割合に戻してくれるので、低リスクな状態を保てるということです。

長期投資においてリスク低減は最大のポイントですから、これはうれしい機能です。

 

気になる点はというか、もったいないなと思うのが、自動積立機能がないということです。

せっかく長期投資に最適な自動リバランス機能があるのに、自動積立があればかなり優秀な投資になるんですが。

今後の機能改善に期待しましょう。

 

ちなみに新生銀行でも提携していますね。

 

公式サイト→https://theo.blue/

 

ウェルスナビ

ウェルスナビはウェルスナビ株式会社のサービスです。THEOと同じく日経新聞で特集されていました。

ウェルスナビは今回の4つのサービスの中でも、最もバランスが取れたサービスです。

自動リバランス機能があり、自動積立機能があり、出金手続きから5日程度で金額が振り込まれます。また、節税のための「DeTAX」機能があります。

 

ただ1つ残念なのが、最低30万円なければ運用できないということです。MSV LIFEやTHEOが1万円スタートなのと比べると少しハードルが高いです。

逆に1人1人の出資金額が多いからこそ、運用金額が多額になり、安定した運用ができるというメリットはあります。

ちなみにウェルスナビは2017年6月に預かり資産と運用者数で国内トップとなりました(日本投資顧問業協会調べ)!

 

公式サイト→ウェルスナビ

 

ウェルスナビはウェルスナビforSBI証券というサービスがあります。ウェルスナビがSBI証券とタッグを組んで開始したサービスで、こちらは最低30万円から運用スタートできます。

ウェルスナビは使いたいけど、ちょっと資金が。。。というなら、ウェルスナビforSBI証券で試してみるのはありです。

 

公式サイト→https://www.sbisec.co.jp/

 

まとめ

資金が用意できるなら、『ウェルスナビ』が最もおすすめです。最低取引金額以外はサービスが群を抜いています。

とりあえず体験してみたいだけなら、マネックス証券のMSV LIFE。サービス内容自体は平凡ですが、最低1万円から取引できるのは最大の魅力です。

 

ウェルスナビ 公式サイト

ウェルスナビ

Related Articles:





2 Responses to “AI投資・ロボアドバイザー 比較”

コメントを残す

*

このページの先頭へ