メールマガジンのご登録はこちらをクリック

儲かっても、損をしてもしばらく休め

(もうかっても、そんをしてもしばらくやすめ)

儲かったときも、損をしたときも、平常心を取り戻すためには休んだほうがいい、ということです。

大きく儲けたとすると、多少なりとも気が大きくなり、為替相場を知ったような気になります。そういうときはえてして強引な取引をしがちです。その結果、損につながります。

負けたときは、損を取り返したい気持ちが焦りにつながります。また、必要以上に弱気になってチャンスを逃すかもしれません。

FXには冷静な判断が絶対に必要です。為替相場はいつでもあります。少し休む勇気を持ちましょう。

Related Articles:

★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです

コメント

タイトルとURLをコピーしました