メールマガジンのご登録はこちらをクリック

保ち合いのとき、慰みに商いを仕掛けまじきこと

(もちあいのとき、なぐさみにあきないをしかけまじきこと)

保ち合い相場が続いているなら、保ち合いの中の小さな動きで稼いでいこうと思ってはいけません。労力の割に得られる利益は少ないですし、同じ程度のリスクはあります。

その上、保ち合いが放たれた場合、付いていくことはできず、利益を取りそこねたり、思わぬ損失につながる可能性があります。

そこまでのリスクを負うのはどう考えても割に合いません。保ち合いのときはじっとチャンスを待つべきです。

Related Articles:

★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです





コメントを残す

*

このページの先頭へ