★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです

メールマガジンのご登録はこちらをクリック

ビットフライヤーでサーキットブレーカー制度が開始!

仮想通貨取引所の国内最大手「ビットフライヤー」で、サーキットブレーカー制度が開始となりました。

先日、不正出金について補償制度がスタートしましたが、それに続く投資家保護制度です。

 

サーキットブレーカー制度とは、

誤発注等による価格急変防止の観点から、取引の一時中断を行う制度

です。

 

現在の仮想通貨取引は、だんだんメジャーになりつつあると言えども、まだまだ市場規模としては小さいです。

そこで、例えばケタを間違えて大量発注してしまうとか、一気に大きな資産をつぎこんでレートが乱高下するとか。

そういうことが普通にありえるわけです。

 

そんなときにサーキットブレーカー制度が発動するんです。

サーキットブレーカー制度によって、5分間の取引中止措置が取られます。

5分が過ぎると、10分前の価格で再スタートします。

事件が起きる前の状態に、タイムスリップさせるんですね。

 

ありがたい投資家保護制度です。

 

もちろん、いろいろな判断によって、発動しないこともあります。

自分が誤発注したからと言って、そのたびに相場が止まるようなことはありません。

レートを大きくゆるがすような、そんな発注があったときのためのものです。

 

発注するときは、しっかり確認しておくのが当たり前のことですから、要注意です。

 

仮想通貨取引所 比較 口座ごとのメリットデメリット



メールマガジンのご登録はこちらをクリック

コメントを残す

*

このページの先頭へ