メールマガジンのご登録はこちらをクリック

めでたくも春を迎える心なら、引かれ玉に餅を食わすな

(めでたくもはるをむかえるこころなら、ひかれぎょくにもちをくわすな)

新年を迎えるときには含み損を抱えたポジションは確実に精算しておきましょう、ということです。

いったんポジションをきれいにして、新たな気持で為替相場に向き合う。これは正月にかぎらず、日常でも同じです。調子が悪いときや仕切りなおしたいときにはまず、ポジションをすべて決済して気持ちもリセットするのはいい方法です。建玉をつい気にしてしまうことがないので、現在の相場に集中できます。

『何かをやめる』というのは日常生活でもそうですが、投資でも有効ですね。

Related Articles:

★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです

コメント

タイトルとURLをコピーしました