メールマガジンのご登録はこちらをクリック

株価は企業の価値と言うけれど。

株価とは 雑記

株価って企業の価値って言われます。

なんとなく分かっていたつもりでしたが、
最近はちょっと分からなくなってきました。

 

企業としては最初に株式を売ったとき、
ほぼ資金調達は終了しています。

追加発行って、
そんなにあることではないですよね?

 

株価が高いと、追加発行のときには
ものすごいメリットになります。

でも、追加発行しない場合は、
それほどメリットにならないのでは?

 

むしろ、株価を大きな指標として見る限り、
株主中心の経営になります。

となると、配当金を増やしたり、
株主優待を豪華にしたり。

株価が上がるようにコストカットとして、
従業員の数を減らしたり、
給料を上げなかったり、
福利厚生を縮小したり。

企業の成長にとってマイナスのことを
どんどん推進していく、
ということになりかねません。

 

うーん。。。

やっぱり株価ってよく分からないですね。

株主=お金持ちがさらに儲けるためのシステム。

それが株式市場のような気がしてきました。

 

特に勉強したわけでもなく、
私の印象だけで書いたので、
合っているかどうかは分かりません。

でも、こういう側面も
ひとつありそうだな、と。

 

株価とは何ものか。

そんなお話でした。

Related Articles:

★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです

タイトルとURLをコピーしました