メールマガジンのご登録はこちらをクリック

今週は今日からイベント続きです。

今週は経済的なイベントが続きます。

 

●1月29日(水)

FOMCと政策金利発表
パウエル議長の会見

●1月30日(木)

イギリス 政策金利発表
アメリカ GDP・個人消費速報値

●1月31日(金)

EU GDP発表
アメリカ 個人消費支出発表
イギリス EU離脱

 

大きなイベント続きですね。

投資の世界で見ると、新型コロナウイルスの影響は
先日よりも少し収まっています。

ということで、こちらの経済指標などへの
注目も高まってきていると考えられますね。

 

最近、あまり重要視されていなかった
EU関連の指標も、今回以降はちょっと注目。

イギリスが離脱しますからね。

EU離脱

これからどういう状況になるのか、
しっかり見極めていく必要があります。

 

イギリスはEUを離脱すると言っても
まだまだ協定などは結べていない状況。

猶予期間の12月末までに
どんな形でEUと関係を作っていくのか。

まだまだ注目していきましょう。

もし、12月末までに通商協定などが結ばれない場合、
合意なき離脱状態となります。

ヨーロッパ圏が混沌とする可能性もなきにしもあらず。

中身はともかく、何らかの合意にはこぎつけて欲しい!

 

新型コロナウイルスの影響を注視しつつ、
経済指標にも注目していかなくてはいけません!

なかなか大変な3日間になりそうです。

Related Articles:

★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ