★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです

メールマガジンのご登録はこちらをクリック

REGAIN ICO 第1期クラウドセールの終了時間を予想してみた。

REGAIN ICOの第1期クラウドセールの終了時間を予想してみました。

 

まずはこちらの画像を御覧ください。

REGAIN ICO

 

12月28日14時ちょうどのREGAIN ICOの様子です。

3392REGが既に購入されています。

(REGとは、REGAINに出資したときにもらえるトークンの名前で、1REG=4000ドルです。)

 

ここから予想される第1期クラウドセール終了時間は。。。

 

12月31日午前9時

です!

大みそかですね。

 

これまでの販売ペースから単純に計算してみました。

第1期クラウドセール開始が12月22日ですから、28日14時まではちょうど5日と21時間。

5日と21時間というと、141時間=8460分です。

 

8460分で3392REGが売れているということは、2.5分に1REG売れるという計算になります。

 

残りのトークンは1608REGですから、1608REGが売り切れるまでの時間は、

1608×2.5=4020分となります。

4020分というと67時間。

2日と19時間となります。

 

28日14時から2日と19時間がたつと、31日午前9時になりますね。

 

というシンプルな計算問題を解いて、割り出してみました。

 

ただ、計算通りに行くかどうかは分かりませんね。

終盤になってきたからこそ、初期の勢いがなくなっているとも思います。

でも、年末年始の休みに入って、加速するとも思います。

どっちに転ぶか、さっぱり分かりません!

 

どっちになるかは気になりますが、もし購入を検討しているなら乗り遅れることはないようにしてくださいね。

第1期クラウドセールに参加しようとして、参加できなくて第2期クラウドセールに回ってしまうと、配当の利率が減ります(13.6%/月→12.4%/月)

しかも第4期クラウドセールへの参加が最優先ではなくなります

 

ということで、REGAINに出資するなら第1期クラウドセールがお得です。

お忘れなきよう。。。

 

REGAIN ICO公式サイト

https://project-regain.io/jp/




Related Articles:





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ