★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです

メールマガジンのご登録はこちらをクリック

REGAIN ICOが始まります!

REGAINというICO案件が始まります。

どういうICOなのかというと、『ビットコインの平等化・安定化』です。

 

え?ビットコインって管理機関はないし、平等なんじゃないの?

と思うかもしれませんが、実はその平等性は崩れてきています。

 

なぜかというと、マイナーがかたよっているからです。

ビットコインは管理機関がない代わりに、多くのコンピューターが分散して手続きを処理しています。

その処理には高性能なマイニングマシンが必要なんですが、そのマイニングマシンの開発元の中国勢がマイニング報酬の多くを独占しているということです。

実に70%は1つの中国企業のマイニングマシンを使っているんです。

 

この状態はかなり危険で、このマイニング企業がおとなしくしてくれているといいんですが、やろうと思えば、特定の決済を通さないとか、そんなこともできるわけです。

記憶に新しいのが2017年8月の最初のビットコイン分裂騒ぎのときですね。

2つの勢力がぶつかりましたが、既存のマイニングマシンを使えなくなるマイナーサイドと、開発サイドが対立しました。

 

結果として、ビットコイン大暴落からの急騰が起きました。

利用者が混乱しているのを尻目に、安値でビットコインを仕込んだマイナーたちもいるとか。

 

こんな平等とはいえない状況になってきています。

 

そこで、元ビットメイン社(マイニングマシン開発企業)のダン・アフレックが立ち上がったというわけです。

ダン・アフレックはさらに強力なマイニングマシンを開発して普及を進めています。

ですが、既存マイナーの資金力に立ち向かうにはなかなか厳しく、そこでICOで資金を調達したいと考えたわけです。

 

もともと「ユーザーのため」と言ってスタートしたこのプロジェクトは、たしかに利益還元もユーザーサイドに立っています。

マイニング報酬の、60%をREGAINトークンオーナーに還元していくそうです!

残りの40%は20%が会社利益で、20%がマシンの開発費に当てるとのこと。

かなりの高還元率ではないでしょうか。

 

現在のビットコインのあり方に一石を投じるプロジェクトの『REGAIN』。

このままビットコインが一部マイナーの言いなりにならないための、健全化を目指したプロジェクトです。

 

今後の予定

2017年12月18日(月)17時・・・REGAINトークンプレセール事前登録開始

12月22日(金)~2018年2月1日(木)・・・プレセール第1期

4月1日(日)~5月15日(火)・・・プレセール第2期

7月1日(日)~8月15日(水)・・・プレセール第3期

10月1日(月)~11月15日(木)・・・プレセール第4期

 

興味があれば、まずは12月18日の17時以降に公式サイトで事前登録しましょう。

サイトURLはまたその頃にお知らせします!

Related Articles:





    コメントは受け付けていません。

    このページの先頭へ