メールマガジンのご登録はこちらをクリック

QUOINEのハッキング被害の続報

QUOINE ハッキング Liquid

QUOINEのシンガポール現地法人が
ハッキング被害を受けています。

Liquid by QUOINEからメールで報告が来ましたね。

 

なんと、流出したのは約7.5億円

やっぱり規模が違うなぁ。

仮想通貨取引所はかなり儲かっているイメージがあります。

だからこそ狙われるし、
狙ったとおりの大きな金額が盗めると分かると
また他のハッカーにも狙われます。

 

仮想通貨の性格上、
全部をコールドウォレットにするわけにもいかないし。

非常に難しい問題ですよね。

 

あと、今回のメールを読んでいると、
コールドウォレットには利用者からの
預かり資産「以上」の資産を置いているとか。

これも大変だ。

預かり資産と同額ならまだしも。

預かり資産以上の資産って。。。

それだけ儲かっているということかな?

でも、運営・開業のハードルが高いですね。

 

このハッキング被害の全容が分かるまで、
仮想通貨の入出金は停止されています。

従来の銀行や証券会社にはないパターンです。

 

ネット銀行やネット証券も
黎明期にはこんなことがあったんでしょうか?

 

やっぱり仮想通貨取引所は
分散して開設、利用しないといけませんね。

どこが危ないとか、
個人レベルではさっぱり分かりません。

とにかく分散して、
何かあっても損害が最小限になるように。。。

Related Articles:

★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです

タイトルとURLをコピーしました