メールマガジンのご登録はこちらをクリック

京都大学がXRPの承認者に!

京都大学がXRPの承認者になりました!

日本の大学では初めての快挙です。

XRP 京都大学

リップル社員の吉川さんが発表しています。

 

XRPでは承認者を「バリデータ」というようです。

当初、中央集権の体制を取っていたXRP。

かなり分散化が進んでいるようです。

 

バリデータ運用は、日本の大学では京都大学が初。

じゃ、大学以外で
日本でバリデータ運用しているところは?

と思って調べてみましたが、よく分からず。

残念。

 

大学は中立的な立場ですから、
日本の大学でもバリデータ運用するところが
増えるといいねぇ
、とリップル側も思っている様子。

 

日本は仮想通貨において、
当初は悪くないポジションにいたと思います。

ですが、やり過ぎた規制や税制によって
一気に後進国に成り下がった印象があります。

 

まだまだ仮想通貨は黎明期。

黎明期は過ぎてるかもですが、序盤。

だからこそこういうプロジェクトには
積極的に参加していってほしいなぁ、と。

国の施策は当てにならないから、
民間発・企業発でどんどんやっていかないと。

そうすれば、まだチャンスはあるんじゃないかな。

 

仮想通貨は一大産業になり得ますから、
どんどん参加していってほしいですよね。

Related Articles:

★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ