メールマガジンのご登録はこちらをクリック

Fountain Connect~DAGを使った仮想通貨は人気が高い

Fountain Connectで採用されているDAG。

ビットコインなどで採用されているブロックチェーンの次の技術と言われることもあります。

 

DAGにはブロックチェーンにないメリットがあります。

・利用手数料がかからない

・利用が多くなっても、送金詰まりがない

この2つが大きなメリットです。

 

利用手数料がかからない上に、瞬時に送金できる技術なので、今後の利用拡大・発展がものすごく期待されています。

ビットコインなどに採用されているブロックチェーンも、サイドチェーンを構築するなどの高速化を測っています。

ブロックチェーンがいいか、DAGがいいか、今後の注目材料です。

 

ところで、DAGですが、今までに採用されている仮想通貨・トークンは以下のものがあります。

・Aidos Kuneen(ADK)

・Byteball Bytes(GBYTB)

・IOTA

・RaiBlocks(XRB)

 

これらの人気っぷりはすごいんです。

Aidos Kuneen(ADK)は2017年6月~2018年1月の8か月間で、なんと800倍以上に値上がりしました。

Byteball Bytes(GBYTB)は同じく8か月間で、55倍

IOTAは上場直後に500倍

RaiBlocks(XRB)はBinanceの上場人気投票で1位です。

 

1つだけ心配なのは、歴史が浅いことです。

今後、利用量が増えてきて、本当に瞬時に送金できるのか。

また、その他に問題が出てこないという保証はありません。

ここですね。

 

Fountain ConnectはDAGを採用しているプロジェクトです。

DAG採用通貨の人気から考えると、上場すれば値上がりして当然!くらいの感じで考えている人も多そうです。

 

こういうある意味で未知のプロジェクト。

売買するには、何か理由がほしいと思うのが人の常ですからね。

「DAGを使った仮想通貨はどれも上がっているから。だから買いだ!」みたいな雰囲気はあります。

 

プロジェクトとしてもおもしろいし、投資案件としても魅力があるのがFountain Connectなんですね。

 

ICOに参加するなら、こちらから無料登録をしてくださいね。

 

https://fountain-connect.com/jp/




Related Articles:

★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ