メールマガジンのご登録はこちらをクリック

EUは条件付きでイギリスの離脱期限延長を受け入れ

EUは条件付きでイギリスの離脱期限延長を受け入れる
ということになっているようです。

EU離脱

条件は明かされていないようですが、
欧州議会選挙への参加などが含まれている様子。

もし、条件が飲まれない場合は、
6月1日の離脱になりますが。。。

イギリスはイギリスで混迷を極めているので、
条件を飲むんだろうと思います。

 

また、この案には、
「離脱協定案の再協議は行わない」
ということが明記されているようです。

なかなかイギリスにとっては
厳しい条件ですが、当然と言えば当然の結果。

 

今日10日にEU側はイギリスの離脱について
会議を行うそうです。

 

EU内でも意見は割れているようです。

できる限り早期に決着したい国々と、
長期延期もやむを得ないと考えている国々。

 

いつまでもこの問題に振り回されるのは嫌。

イギリスがハードブレグジットによって
混乱して、余波を食らうのは嫌。

イギリスへの輸出が多い国にとっては、
関税がかかる離脱は嫌。

 

その他もろもろ、
感情と実利が複雑にうごめいています。

EUも条件をゆるくするのは難しいでしょうから、
結局はイギリスの出方次第ですかね。

Related Articles:

★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ