メールマガジンのご登録はこちらをクリック

DMMの仮想通貨取引所がオープン予定!1月11日申し込み開始!

DMMの仮想通貨取引所がオープンします。

その名も「DMM Bitcoin」!

 

DMM FXでは超狭いスプレッドで一世を風靡したDMM。

満を持して仮想通貨取引所に参入です。

 

新しく作るのではなく、DMMグループの「株式会社東京ビットコイン取引所」を名称変更してリニューアル、という感じでしょうか?

既に名称変更は終わっていて、あとは1月11日の口座開設申込日を待つだけとなっています。

 

このDMMビットコインですが、かなり思い切った制度にしてきました。

現物取引(株のように必要な資金を用意して、買いから始める取引)は少なく、レバレッジ取引(FXのように少額資金でスタートできて、空売りできる取引)に特化したような形になっています。

 

現物取引ができる通貨ペアは、

・ビットコイン/円
・イーサリアム/円
・イーサリアム/ビットコイン

の3種類。

 

一方で、レバレッジ取引ができる通貨ペアは、

・ビットコイン/円
・イーサリアム/円
・イーサリアム/ビットコイン
・ネム/円
・ネム/ビットコイン
・リップル/円
・リップル/ビットコイン
・ライトコイン/円
・ライトコイン/ビットコイン
・イーサリアムクラシック/円
・イーサリアムクラシック/ビットコイン
・ビットコインキャッシュ/円
・ビットコインキャッシュ/ビットコイン

の13種類です。

 

ここのところの仮想通貨の上昇で、なんとなく割高感を感じている人も多いと思います。

私は割高ではなく、まだまだ割安だと思っていますが。

割高感があれば、ショート(売り)から入れるレバレッジ取引になんとなく食指が動きます。

ニーズを上手につかんだ設定だと思います。

 

ただ、レバレッジ取引はこの大きな動きの中では、諸刃の剣。

長者番付に載るか、路頭に迷うか。

そんな雰囲気すらあります。

少し前にも起きたら暴落していて、がっつり刈り取られた人も多かったです。

動きが激しいときは、サーバーに繋がらず、ロスカットされた人も。

 

ということで、レバレッジ取引は本当に注意する必要があります。

私は現物派ですね。

まだまだ持っていれば上昇していく段階だと思っているので、激しく取引する必要性もあまり感じませんし。

神経をすり減らして血まなこで取引するなら、放置の方がいいなぁ、と。

 

とは言え、アルトコインのレバレッジ取引をしたいトレーダーにとっては激しく朗報ですよね。

今後、どういう感じになるかばっちり見ていきたいと思います。

Related Articles:

★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ