メールマガジンのご登録はこちらをクリック

キャッシュレス決済が厳しいことになっているとか

6月末でキャッシュレスポイント還元施策が終わりました。

そして7月。

既にちょっと厳しいことになっているようです。

 

まずはユーザー。

キャッシュレスポイント還元のおかげで、
キャッシュレス決済を使う人はかなり増えたようです。

やっぱりポイント還元は大きいですよね。

5%オフとか2%オフになるのと同じですから。

そりゃ、使う人も増えるでしょ。

ただ、スマホのQRコード決済は
めちゃくちゃ時間がかかります。

私の場合、ひどいお店では、

・カード型会員証を提示
・スマホアプリのポイントカードを提示
・別のスマホアプリのQRコード決済。

現金払いのほうがよっぽど早い。

そんな状況になっています。

交通系カードやiDなんかだと早いんですけどね、
QRコード決済は時間がかかります。

 

次にお店側。

お店側はキャンペーンがあったからこそ
キャッシュレス決済を導入した、
というところが多いようです。

しかし、キャンペーンが終わってしまうと、

・決済手数料が意外と高い
・入金に時間がかかるので資金繰りが厳しい

と厳しい面も出てきているようです。

キャッシュレス決済をやめるお店も

 

最後にキャッシュレス決済提供業者。

こちらはこちらでかなり厳しい様子。

とにかく競争の激化ですね。

ペイペイスタート当初の高額還元キャンペーンなどを
はじめとして、完全に体力勝負

オリガミペイなんかは格安で買収されました。

恐ろしい世界です。

 

これらの要因もあり、
キャッシュレス決済の定着はまだまだ前途多難のようです。

海外は他にしっかりと利益を出している企業が
手数料ほぼゼロで運営しているという話です。

そりゃ普及するわ。

 

日本では決済手数料が高いようですし

定着はまだ先のような気がします。

 

かといっていい案は思い浮かばないんですけど。

Related Articles:

★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ