★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです

メールマガジンのご登録はこちらをクリック

日経225先物のラージとミニの違いとは?どちらがお得?

日経225先物にはラージとミニがあります。

なんとなくご存知かもしれませんが、こちらで一度まとめてみます。

知っているなら復習のつもりでチェックしてみてくださいね。

 

歴史

日経225先物(ラージ)が1988年9月にスタート。

日経225ミニが2006年7月にスタート。

 

実に、18年も遅れて、ミニがスタートしています。

 

必要な資金(証拠金)

日経225先物(ラージ)は、だいたいレート×1,000÷20(円)となります。

日経225ミニは、だいたいレート×100÷20(円)となります。

 

もし、日経225先物のレートが20,000円の場合、ラージなら約100万円、ミニなら約10万円の資金(証拠金)が必要です。

 

値動き

日経225先物(ラージ)は、10円単位で動きます。

日経225ミニは、5円単位で動きます。

 

利益額・損失額

日経225先物(ラージ)が10円動くと、元値との差は10,000円となります。

日経225ミニが5円動くと、元値との差は500円となります。

 

例えば、日経225先物(ラージ)を買っておいて、10円値上がりしたときに売ると10,000円の利益となります。

逆に、売っておいて、10円値上がりしたときに買い戻すと10,000円の損失となります。

 

 

基本的に日経225先物(ラージ)と日経225ミニはほぼおなじ価格で動きます。

ですが、ごくまれにレートが大きく違うことがあります。

これは、そもそも投資商品として、別のものなので起きる現象です。

 

基本的には同じくらいの金額で動くと考えておいてOKですが、こういうこともあるということを頭の片隅に置いておけば安心ですね。

Related Articles:





コメントを残す

*

このページの先頭へ