★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです

メールマガジンのご登録はこちらをクリック

分散型取引所(DEX)が増えつつあります。

分散型取引所(DEX)が増えつつありますね。

 

分散型取引所(DEX)とは、

企業などの仲介者が不在の仮想通貨取引所

 

です。

 

企業などの仲介者がいないので、

・手数料が安い
・倒産や持ち逃げのリスクがない
・個人情報を提出する必要がない

というメリットがあります。

・サポートがない

などのデメリットもありますが、慣れれば分散型取引所(DEX)の方が圧倒的に使いやすいはず。

とにかく手数料が格安になるというのがありがたいです。

 

そんな分散型取引所(DEX)がどんどん増えて、盛り上がってきています。

 

既にサービスを開始しているクリプトブリッジhttps://wallet.crypto-bridge.org/)。

私も使ったことがあります。

ビットゼニー(ZNY)を購入するときに使いました。

国産コインで、第2のモナコインになるか!?ということで一時期話題でしたね。

 

次に未リリースですが、事前登録を受け付けているaltcoin.iohttps://www.altcoin.io/)。

こちらは「アトミックスワップ」という技術を使っています。

持ち逃げなどができない上に、瞬時に取引が完了する技術を使っています。

セキュリティも高そうで注目しています。

 

事前登録

https://www.altcoin.io/

 

そして、こちらも未リリースのBlockporthttps://blockport.io/)。

こちらはトークンのプレセールが行われましたが、なんと2分30秒で売り切れたという超有望株です。

2分30秒で1666ETHを集めています。

約1億7000万円くらいでしょうか。

 

中央ヨーロッパ時間(CET)の1月24日15時からクラウドセールが再開されます。

日本時間で言うと、1月24日23時です。

こちらは1人50ETHの上限があるので、買えるんじゃないでしょうか?

 

事前登録

https://blockport.io/

 

他にも

https://radarrelay.com/

https://oasisdex.com/

https://idex.market/

などの分散型取引所(DEX)案件が目白押しです。

 

2018年は、分散型取引所(DEX)がどんどんできていく年になるかもしれません。

仮想通貨取引に慣れてきたら、経費節約のためにも上手に使っていきたいですね。

Related Articles:





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ