メールマガジンのご登録はこちらをクリック

仮想通貨の狼狽売りは最悪の手段ですよ!

仮想通貨の狼狽売りは最悪の手段です。

 

仮想通貨って、ときどきびっくりするほど下落します。

30%とか平気で下落するんですよね。

 

急落する場面で、対応する方法は2つに分かれます。

 

メジャー仮想通貨の場合

メジャー仮想通貨の場合、急落時にも損切りとかはしません。

しっかりホールドしておいて、むしろ買い増しに動いてもいいくらいです。

 

メジャーな仮想通貨は目的などがしっかりしています。

使用用途もしっかりしています。

なので、そのうち戻ってきます。

 

だからこそ、下手に考えて売ることなく、ばっちり保有しておくのがおすすめです。

 

マイナー仮想通貨の場合

マイナー仮想通貨の場合は、メジャーな仮想通貨とは違います。

マイナー仮想通貨は目的や背景がしっかりしていないものも多いです。

 

そこを仕手筋に狙われて、急騰させておいて売り抜ける、という手法がよく取られます。

だからこそ、対応はしっかりする必要があります。

 

マイナー仮想通貨を購入するときは、「ストーリー」をしっかりしておきましょう。

「今までのチャートから考えて、ここまでいけば利益確定、ここまで下がれば損切り」とか。

「○円まで行けば元本分は利益確定する」とか。

 

マイナー仮想通貨が急落させられた場合、銘柄によっては売り板がぜんぜんなく、売ることもできず塩漬けという可能性も高いです。

 

まとめ

仮想通貨も、他の投資も同じです。

「いくらで買って、いくらで売る」ということをしっかり想定してから入るのがおすすめです。

 

今のところ、メジャーな仮想通貨では特に戦略も必要ないことが多いです。

ですが、マイナー仮想通貨に参入するときは、しっかり考えておきましょう。

もしくは、本当にそのマイナー仮想通貨がなくなる覚悟で買うのがいいでしょうね。

 

マイナー仮想通貨に参入するならこの記事もしっかりチェックしてください!

 

Binance(バイナンス)での格安仮想通貨の見つけ方

 

Related Articles:

★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ