★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです

メールマガジンのご登録はこちらをクリック

リップルがMoneyGramと提携を発表!

リップルがMoneyGram(マネーグラム)との提携を発表しました!

リップル マネーグラム

 

ん?これってそんなにすごいニュースなの?

MoneyGramって何?というあなたのために、まずは「MoneyGram(マネーグラム)」について簡単に解説!

 

MoneyGram(マネーグラム)とはアメリカのテキサス州に本社を置く、国際送金サービスの会社です。

ニューヨーク証券取引所にも上場済み。

全世界の200の国と地域に、35万ほどの拠点を持っています。

日本の企業で言うとSBIレミット(SBIグループ)と提携しています。

国際送金サービスの大手というと、マネーグラムとウェスタンユニオンとユーロネットあたりです。

 

送金速度は早く、基本的には送金から10分ほどでお金を受け取れるとのこと。

これだけでもけっこう画期的なサービスですね。

 

そんなMoneyGram(マネーグラム)がさらに利便性をアップさせようとして、リップルと提携したというわけです。

リップル(XRP)を使うことで、

・送金手数料を安くできる

・受け取りまでの時間を短縮できる

・リップル(XRP)の送金スピードが早いので、世界各国の拠点で現金を持っておく必要がなくなる

・人件費など、費用の削減ができる

というようなメリットがあるとのこと。

 

そもそも銀行間取引・国際送金のための仮想通貨として発展してきたリップル(XRP)。

ここに来て本来の姿がかなり現実化してきた雰囲気があります。

2018年はリップルを巡るこの動きがさらに拡大するものと思われます。

 

その他の仮想通貨と比べて、用途が理解しやすいリップル。

そして、価格もなんとなく割安に感じるリップル。

 

どんどんお金を集めて価値を上げていきそうです。

 

リップル取り扱いの仮想通貨取引所をまとめてみました。

仮想通貨取引所の取り扱い通貨一覧

Related Articles:





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ