メールマガジンのご登録はこちらをクリック

リスク(LSK)が2018年は有力との話。

仮想通貨のリスク(LSK)。

2018年の注目銘柄の1つに推す声がありますね。

しかも、かなり広い範囲から、そんな話を聞きます。

 

リスク LSK

 

で、リスクって何?

記事を書いている現在、国内メジャー仮想通貨取引所ではコインチェックしか取り扱っていないし。

うーん。。。

 

ということでリスクLSKの特徴とか、値上がりが期待される理由とか。

そんなのを調べてみました。

 

リスクLSKの特徴

リスクの特徴を並べてみます。

・スマートコントラクト(全部の取引を記録する。イーサリアムとかも同じ)
・プログラムはジャバスクリプト(開発が容易)
・メインのブロックチェーン以外にサイドチェーンというシステムがある(セキュリティが高い)

 

ということです。

ざっくり言うと、開発・カスタマイズが簡単で、でもセキュリティが高いプラットフォームということみたいですね。

 

開発が簡単なら普及しやすいですし、昨今はセキュリティ対策が必須となっています。

使われやすいという点では、なかなか高評価じゃないでしょうか!

 

リスクLSKの価格上昇の理由

リスクLSKの2017年終盤の日足チャートがこちらです。

リスク LSK

仮想通貨の全面高にも乗って、ゴリゴリと価格を上げています。

この理由の1つとして、国内の複数の仮想通貨取引所への上場のウワサがあります。

 

以前、モナコインがビットフライヤーに上場されたとき、しばらくしてがつーんと上がりました。

理由はいくつかあるにしても、上場が1つのきっかけになるのは確かです。

今のところ、国内の大手仮想通貨取引所の中ではコインチェックしか取扱がありません。

拡大するとおもしろいことになりそうですね。

 

また、もう1つの理由として、複数のアップデートの予定があります。

2017年中に、サイドチェーンのパワーアップ。

2018年1月~3月に、モバイルアプリ・デスクトップアプリの配布。

2018年2月には、リブランディングも。

リスクLSKという名前ではなくなるかもしれませんね。

 

4月にSDK(サービス開発キット)が配布され、7月にはDEX(分散型取引所)をオープンさせる予定だとか。

 

うーん、盛り沢山です。

これだけすべてが実行されたら、やっぱり値上がりしますね。

かなり確率は高いんじゃないでしょうか。

 

これは楽しみです。

今のうちに、少しだけでも仕込んでおくと、2018年12月ごろには大笑いが止まらないかも!

 

上にも書きましたが、今のところ国内の仮想通貨取引所で取り扱っているのは『コインチェック』だけです。

仕込むなら、コインチェックで。

 

コインチェック 口座開設

https://coincheck.com/ja/

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Related Articles:

★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ