★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです

メールマガジンのご登録はこちらをクリック

マスターノードを建てられる仮想通貨は長期保有向き!?

マスターノードを立てられる仮想通貨があります。

 

マスターノードとは?

マスターノードとは、仮想通貨を取引するときの手伝いをするシステムです。

マスターノードを設置して動かすことで、手数料のようにその仮想通貨をもらうことができます。

通貨ごとに、マスターノードを建てるための保有通貨量などが決められています。

 

マスターノードを建てられる仮想通貨は、マスターノードを設置してしまえば、放っておいても収入が入ってきます

保有通貨量が増えれば、さらにもらえる仮想通貨が増えていきます。

 

ということは、あえて売ることがありません。

だって、持っておくとどんどんと収入が入ってくるわけですから。

 

売る量が増えないということは、流通量が増えないということです。

流通量が増えないということは、需給のバランスが崩れて、値上がりしていきます。

 

なので、マスターノードが建てられる仮想通貨は、長期的に見て値上がりすると期待できます。

 

マスターノードを建てられる仮想通貨の一部をご紹介します。

・Dash(DASH)
・Triggers(TRIG)
・Blocknet(BLOCK)
・Polis(POLIS)
・STRAKS(STAK)
・Eternity(ENT)
・ArcticCoin(ARC)
・Tokugawa(TOK)
・Monoeci(XMCC)
・Neutron(NTRN)
・Crave(CRAVE)
・ION(ION)

もちろん、その仮想通貨自体がきちんとしたものであることは大前提です。

上のマスターノードを建てられる仮想通貨リストの中にも、既にネタコインとしか思えないものもありますからね。

マスターノードを建てられる=値上がりする、というわけではありませんよ。

 

マスターノードを建てられる仮想通貨と同じく、PoS通貨も同じ傾向があります。

持っていれば、利息のようにどんどん増えるという点では、マスターノードと同じですね。

・Cardano(ADA)
・NEO(NEO)
・eXperience Points(XP)
・PAC Coin(PAC)
・BitConnect(BCC)
・NOAHCOIN(NOAH)

こちらもマスターノード可能通貨と同じく、ネタコインも混ざっているので注意です。

 

積極的に取引するのもいいですが、資金を2つに分けて、長期保有用の予算も確保するのもいいですよ。

 

この中の通貨の多くはBinanceで取引できます。

もしまだ開設していなければBinance口座を作っておきましょう。

 

今後も活用する機会はたくさんあると思います。

仮想通貨を取引するならBinanceは必須ですよ。

 

Binance 口座開設

https://www.binance.com/

Related Articles:





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ