★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです

メールマガジンのご登録はこちらをクリック

ビットフライヤーのコールドウォレット対応状況

ビットフライヤーのコールドウォレット対応状況が発表されています。

 

公式サイトにこう書かれていますね。

ビットフライヤー

「コールドウォレットに80%以上を保管

お客様及びbitFlyerが所有する80%以上のビットコインは、ネットワークから隔離されたコールドウォレットに保管されています。コールドウォレットは多数の物理セキュリティロックと、24時間監視システムにより強固に守られております。」

 

なるほど。

ビットコインについてはある程度安全が確保されていそうです。

 

で、アルトコインは??

と思ったのですが、1月30日のプレスリリースでは、「80%以上の仮想通貨は、ネットワークから隔離されたコールドウォレットに保管されています。」となっています。

とりあえずは安心でしょうか。

 

ちなみに、ビットバンクは顧客の資産は100%コールドウォレットに保管されています。

 

あとは、保証体制についても、同じプレスリリースの中で触れられています。

「当社へのサイバー攻撃等によって発生したビットコインの盗難、消失等に係るサイバー保険」

「二段階認証登録ユーザー様のメールアドレス・パスワード等の盗取により行われた不正な日本円出金に係る補償」

 

この2つについて、三井住友海上火災保険株式会社と開発しているそうです。

あれ?アルトコインは??

 

ちょっとアルトコインが軽視されている感じがしないわけでもないのですが。。。

そこんところ、どうなんでしょうか。

うーん、悩ましいです。

 

ビットコインだけでなく、アルトコインの売買も積極的になってきています。

ビットフライヤーには、日本でも取扱高がトップの取引所らしく、最先端のセキュリティを実現して欲しいところです。

Related Articles:





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ