★ご意見・ご質問受付中!!★

どんな小さなことでもご連絡ください!できる限りお答えさせていただきます。⇒⇒ご意見・ご質問受付フォームはこちらです

メールマガジンのご登録はこちらをクリック

クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングとは?

ソーシャルレンディングとも言われる資金の調達方法です。

銀行が融資をしないような小さな案件が多いです。

 

事業はもちろん、手術費用とか、スポーツ選手などの遠征費とか、生活費とか。

いろんな分野で活用されています。

 

資金を集める側としては、新しい資金調達方法として広く知られるようになってきています。

出資する側としても、いろいろなメリットがあり、雑誌に取り上げられるなど、注目度は日々上がってきています。

 

そんなクラウドファンディングには3種類あります。

1つ目は寄付型

応援したい!という企業や人に対して、見返りを求めずに資金を提供するタイプです。

 

2つ目は購入型

何か商品を開発するから必要な資金を提供して欲しい!という企業や人に対して出資。

完成した商品をいち早くもらえる、というタイプです。

 

3つ目は投資型

資金を集めている企業や人に出資し、一定期間の後に利息をつけて返してもらうもの。

銀行の融資のようなものです。

 

クラウドファンディングには主にこの3つのタイプがあります。

当ブログは投資のブログですので、クラウドファンディングというと3つ目の「投資型」のものを言います。

寄付型・購入型については言及しませんので、ご了承くださいね。

 

クラウドファンディングのやり方

クラウドファンディング(投資型)に出資するにはどうするのか、ということをご紹介します。

一般的にはクラウドファンディングの仲介業者を利用します。

個人で融資先を審査して、安全性などを確認するのはかなり難しいですからね。

 

なので、クラウドファンディング業者が取り扱っている案件の中から、好みの案件を選んで出資するのが基本です。

クラウドファンディング業者もかなり増えてきていますから、業者ごとの特徴などをしっかりつかむことは大切です。

 

大手というと、

クラウドバンク
maneo
SBIソーシャルレンディング

ですね。

クラウドファンディング業界ではかなり有名で大きな企業ばかりなので、とりあえずはこの3社に口座開設して、投資をしていくことをおすすめします。

 

ここで注意するべきなのは、1社だけで運用しないということです。

1社だけで運用してしまうと、その会社に何かあったときに資金が大きく減ってしまったり、返ってこないことも考えられます。

 

案件も同じです。

1つの案件に突っ込むのではなく、いくつかの案件に分散しましょう。

クラウドファンディングは、融資先が破綻したなどの場合、最悪だと資金は戻ってきません。

なので、複数のクラウドファンディング業者で、投資案件も分散することが大切です!

 

クラウドファンディング投資のメリット

クラウドファンディング投資のメリットをまとめます。

 

放置できる

クラウドファンディングのメリットは放置できるということです。

毎日チャートや値動きを見る必要はありません。

一度申し込んでしまえば、満期になるまで放っておけばいいので、かなり楽な投資です。

 

利率が高い

クラウドファンディングは利率が高いです。

低くても年利4%くらい。

高ければ年利7%とかになります。

ゆうちょ銀行の定期貯金の利率が0.01%ですから、最低でも400倍くらいはあるわけです。

400倍って!!(笑)

 

デメリット

クラウドファンディングのデメリットをまとめます。

 

融資先の倒産リスクがある

クラウドファンディングには融資先の倒産リスクなどがあります。

最近は担保をとっている案件も多いですが、担保がない案件も多いです。

融資先が倒産したとか、トラブルが起きたときに、最悪の場合は融資資金が戻ってこないこともあります。

 

仲介業者のリスクがある

クラウドファンディング業者のリスクがあります。

クラウドファンディング案件を取り扱っている業者のリスクがあります。

例えば、倒産とか、コンプライアンス違反とか。

いろんな要素があります。

 

クラウドファンディングは銀行のようにペイオフ制度はありません

何かあったときには資金がなくなってしまう可能性があることは覚えておいてください。

なので、大きな会社のほうが比較的安心です。

 

クラウドファンディング案件を選ぶときのコツ

クラウドファンディング案件を選ぶときのコツをまとめます!

 

期間

クラウドファンディング案件を選ぶときは、できれば短期間の案件を狙いましょう。

投資期間が長ければ長いほどリスクは大きくなっていきます。

融資先の状況やクラウドファンディング業者の状況はもちろん、私たちのライフスタイルや状況も変わっていきます。

なので、資産の流動性を確保するためにも短期間案件がおすすめです。

私は1年未満のものしか投資していません。

 

利率

クラウドファンディング案件は利率も大事です。

利率が高ければ、それだけリスクが高いということなので、その点は注意です。

ただ、クラウドファンディングに限っては、短期案件だから安くて、長期案件だから高い、ということはありません。

できるだけ、短期間+高利率を狙っていくのがおすすめです。

 

国内案件か海外案件か

クラウドファンディング案件には国内のものはもちろん、海外のものもあります。

イメージでは、海外のもののほうが利率が高そうですけど、実際はそうでもありません

逆に海外の案件の方が長期間で利率が低いものもあります。

また、海外案件は国内案件よりも不確定要素が多いので、私は国内案件にしぼっています。

 

まとめ

クラウドファンディングについて書いてきました。

クラウドファンディングやってみたい!ということであれば、まずは口座開設しましょう。

上でも書きましたが、まずはこの3社に口座開設をしましょう。

業者の分散、案件の分散のために、3社とも口座開設することをおすすめします!

 

クラウドバンク

https://crowdbank.jp/

 

maneo

https://www.maneo.jp/

 

SBIソーシャルレンディング

https://www.sbi-sociallending.jp/

Related Articles:





コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ